賃貸物件から退去する時の残置物の処分はどうすべき? - 福岡エコサービス

賃貸物件から退去する時の残置物の処分はどうすべき?

賃貸物件で退去を控えている時、残置物は原則残さないのが普通です。残置物を大家に許可を得ないまま置いていくことはできません。また、入居した際に設備と思っていたものが、実は前入居者の残置物だったというケースもあり得ます。きちんと残置物と設備の違いを認識していないと、思いがけず賠償問題になることもあるのです。

今回の記事では、賃貸物件の退去時に残置物の処分をどうすべきかをまとめています。これから、退去を計画している方や今後入居を計画している方は残置物の確認をきちんと済ませておくのがおすすめです。

入居・退去の注意事項

賃貸で退去する際は原状回復が原則

指をさす男性

賃貸物件から退去する時には、住み始めた時の状態に戻さなければなりません。過失や故意で劣化させた部分を回復させることを「原状回復」と呼びます。これは、通常の使用を超える使い方で損耗や毀損がある場合に元に戻す義務なのです。

残置物を残したい時には大家に確認する

YES NO

前の入居者が賃貸物件に残して行ったものが、残置物です。ありがちなのが、エアコンや冷蔵庫、ガスコンロなどが当てはまります。残置物を残したい意向がある時には、大家への相談がまず必要です。大家が承認した時には、これらの残置物の所有権が大家に代わります。

つまり、その後に入居した人が退去する際に元を正せば前の住人の残置物であったとしても、それらを持っていくことはできないのです。

退去する際に、大家との話し合いによっては残置物が認められるケースもあります。処分費用がかからないので入居者にはメリットがあると言えます。一方、個人的に一軒家を貸している大家の場合、家電や家具が残置物として残されていると次の入居者に有利だと判断して、残置物を許可することもまれにあります。

残置物の許可なく退去してしまうと処分費用を請求される

気をつけて

退去する際に、許可なく残置物を置いたままにしておくとその処分費用を大家から請求されます。結果的に、それらの残置物が不要になった時には、管理している大家が処分を進めなくてはならなくなり費用が発生するためです。

退去する当日から数日後に再度、不動産管理会社の立会いで確認を行うのは、こういった無断の残置物を置かれないようにする意味合いもあります。

残置物と設備の違いに注意

エアコン

良くあるのが賃貸物件に始めから設置されているエアコンですが、残置物なのか設備なのかを確かめておく必要があります。

大家から残置物という説明が事前にあったからといって、そのエアコンを勝手に処分することはできません。勝手に処分すると損害賠償義務が発生することもあります。

残置物として設置されているエアコンであっても、大家との契約で修繕義務が入居者にあることに承諾した場合には、修理義務が発生するので注意をしてください。

残置物のエアコンが古い機種で電気量が高くつく場合には、大家に所有権がある時なら使えないエアコンを処分を依頼することもできます。

一方、始めからエアコンが設備として設置されている場合には、当然ですが退去する際にもそのままにしておきます。

賃貸から退去する際の残置物の処分方法

洗濯機 冷蔵庫

賃貸から退去する際に、入居時と同じようにしなければならない現状回復の観点から残置物は残さないのが原則だと紹介しました。どんな処分方法があるのかを見て行きましょう。

自治体の粗大ゴミ回収

退去までに時間のゆとりがある場合には、自治体の粗大ゴミ回収を活用しましょう。ただ、残置物が多く粗大ゴミとして出すには、手間がかかるため量が少ない場合に向いています。

残置物の種類により、回収方法も異なるためすべての処分が終えられるまでにひと月ほどもかかることもあります。また、回収日にきちんと出せないと次回の回収日が数週間後しかないため、引越しまでに間に合わないケースもあるでしょう。

不用品回収業者の回収

一方、不用品回収業者の回収は1日で残置物を片付けてもらえるので安心です。残置物が多くても、積み放題プランを利用すると費用を抑えることもできます。専門スタッフにお任せできるので、重たいものや大型のものでも自分たちで搬出する負担も一切ありません。特に、高齢者や女性の場合には運搬が困難になりがちですので、粗大ゴミ回収を利用するのはおすすめできません。

時間を短縮できて負担がかからないだけではなく、残置物がたくさんあっても一気に回収してもらえるのが不用品回収業者の最大のメリットです。その他、残置物の中で使える家電や家具がある場合には、不用品回収業者で買取も対応しているところならお得に処分ができるでしょう。

まとめ

賃貸物件から退去する際には、残置物をまず残さないようにするのが基本です。また、残置物と設備の違いを理解し大家とのトラブルのない退去を済ませるようにしましょう。手間をかけずにスムーズに短時間で残置物の回収を済ませるには、不用品回収業者が手っ取り早くできます。福岡エコサービスでは、不用品回収の他、買取も幅広いジャンルに対応しているので、積極的な買取も可能です。退去の予定があり残置物の処分に悩んでいる方は、お気軽にご相談ください。

不用品回収・処分の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

step1


お問い合せ

step2


お見積り

step3


契約成立

step4


回収作業

step5


お支払い

お気軽にお問い合せください!


 

無料出張見積り対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.



送る

LINE

メール

電話

TOP