不要な家具を引き取り処分する方法!手間・時間・費用を比較 - 福岡エコサービス

不要な家具を引き取り処分する方法!手間・時間・費用を比較

部屋の模様替えや引っ越しなどで不要になってしまった家具は、処分に頭を悩ませるものです。大型の家具だけに粗大ゴミの回収では、どんな手続きから始めれば良いのかと疑問が浮かんで来るでしょう。重量があり大型の家具は、一般家庭ででる不用品の中でも処分に困るもののナンバーワンです。

今回の記事は、不要な家具を引き取りして処分する方法をご紹介します。それぞれの処分方法のメリットとデメリットをまとめてみました。自身に向いている方法を見つけてください。

タンスの引き出し

不要な家具を処分する方法

不要な家具の処分方法は、主に以下の5つの方法があります。

指をさす男性

粗大ゴミとして出す

自治体の粗大ゴミとして出すのが、一般的です。ただ、粗大ゴミのルールに従って出さなければならないので注意が必要です。

  1. 自治体のホームページや電話で粗大ゴミの収集を申込する
  2. 指定された場所で粗大ゴミ処理シールを購入する
  3. 回収日時に不要な家具にシールを貼り付けて搬出するか、ゴミ処理センターへ持ち込む

自治体によっては、市の指定業者に回収を依頼すると自宅まで来てもらえることもあります。ただ、この場合でも屋内からの家具の搬出は自身で行う必要があるので対応できるかどうかも見極めてから依頼をしましょう。

メリット デメリット
業者に依頼するよりも費用が安い
自治体の回収なので安心
搬出を自身でしなければならない
シール購入やサイズの確認など手間がかかる
回収日しか出せない

買い替え時に引き取りしてもらう

家具を買い替えする計画があるなら、古い家具の引き取りをしている店舗を利用すると便利です。

ベルメゾンの無料引き取り

ベルメゾンでは、対象商品の購入で以下の条件を満たせば古い家具を同数無料で引き取ってくれます。

  • 販売価格   41,800円以上
  • 大型商品送料 7,150円

同じ種類の家具の買い替えが条件で、配送日と引取日は同日に限ってサービスを利用できます。当日、家具の移動はスタッフが行ってくれますが、屋外へ排出しやすいように周辺のものを移動させるなど準備をしておきましょう。

ディノス家具の無料引き取り

ディノス家具では、無料引き取りサービス対象商品の購入をすれば引き取りをしてもらえます。ベッドが対象商品と指定されているので、買い替え予定のある方は検討してみるのもおすすめです。

ニトリの有料引き取り

ニトリでは、不要な家具の有料引き取りサービスが利用できます。購入する家具と処分する家具が同種類で同数量なら3,000円で引き取りしてもらえるサービスです。費用はかかるものの、買い替えと同時に処分ができるためとても効率よく利用できるでしょう。

メリット デメリット
買い替えと同時に引き取りしてもらえるので楽 買い替え時に対象商品や条件を満たす必要がある

リサイクルショップで買取してもらう

リサイクルショップの買取でも手間のかからない出張買取を利用する方法もあります。ブランド家具や高級家具なら査定額が高く出る可能性もあるので、査定を受けてみるのも良いでしょう。廃棄処分にするよりもエコの観点からも検討して欲しい方法です。

ただ、家具の中でも買取されやすいものとされにくいものがあります。大型のベッドは、新品に近いものでなければ買取されくいのが現状です。一方、デザイナーズ家具や定番ブランドの家具だと売れやすくなっています。ネットで見積もりができるサービスを利用してみると判断しやすいでしょう。

メリット デメリット
出張してもらえるので手軽
お得に処分ができる
査定額が出ない場合もある

ネットオークションやフリマアプリに出品する

時間をかけて自分なりの価格で販売したいなら、ネットオークションやフリマアプリを活用してみましょう。リサイクルショップで納得の行く査定額が出なかった場合でも、試してみる価値はあります。

メリット デメリット
お得に処分ができる
気軽に出品してみることも可能
出品の手続きがやや面倒
落札者・購入者とのトラブルに注意が必要

不用品回収業者に依頼する

早く手間なく不要な家具を処分する方法なら、不用品回収業者に依頼するとスムーズです。もちろん、屋内から搬出もしてくれるので安心です。また、不要な家具が複数ある場合でも不用品回収業者ならまとめて回収してもらえるので、一気に片付けられます。引越し前で不要な家具を処分したい時や空き家となった実家の家具を処分したい時などでも、間に合わせてもらえます。料金設定が明確で見積もりできちんと確認できる業者を選ぶのがおすすめです。

この方法は、最も手間を抑えてスピーディーに不要な家具を処分できる方法です。多忙な方や急いで処分を済ませたい方に向いています。ただ、それだけに費用は自治体の回収に比べると割高になってしまうので、適切な業者選びをするためにも事前のリサーチはかかせません。

メリット デメリット
搬出しなくて済む
希望の日時に引き取りしてもらえる
相場内で引き受ける業者を見つけなければならない

まとめ

不要な家具の処分方法は、それぞれにメリットとデメリットがあります。「費用」「時間」「労力」のいずれを最優先にするかや不要な家具の状態によっても、自身に合った方法をみつけましょう。どの処分方法を選択するのかを考えて、後悔しないようにするためにも計画的に進めていくようにしましょう。
当社、福岡エコサービスでは不要な家具や粗大ゴミがある際にも即座に対応可能です。処分を希望する家具などがある時は、お気軽にお問い合わせください。出張見積もりは、無料で利用いただけます。

不用品回収・処分の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

step1


お問い合せ

step2


お見積り

step3


契約成立

step4


回収作業

step5


お支払い

お気軽にお問い合せください!


 

無料出張見積り対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.



送る

LINE

メール

電話

TOP