高齢の親が片付けできない理由!きれいな部屋にする方法 - 福岡エコサービス

高齢の親が片付けできない理由!きれいな部屋にする方法

 

ゴミ屋敷で悩む女性

実家に帰ると驚くほど散らかっていたので、驚いたという経験がないでしょうか?親が高齢になると程度の差はあっても、だんだんと家に物が増えて片付かない状況になってしまうのは明らかです。片付けできない理由はどんなものがあるのかをまとめてみました。

この記事を読んでもらうと、片付けできない親の家をきれいにする方法が分かります。片付けができなくなった理由を考えて、そこから子どもとしてどんな風にサポートするのが良いのかを詳しくまとめてみましたので参考にしてみてください。

高齢の親が片付けできない理由

理由

実家に帰ると家が散らかっていることに驚いてしまうことも多いでしょう。きれい好きだった親がどうしてこんなに片付けできない事態になってしまったのかと、子どもにとれば心を痛めてしまうこともありますね。親が片付けできない理由は、以下のようにいくつもの問題が重なっていることが多いのです。

体力が落ちるため

誰もが起こり得るのが、体力の低下です。片付けたいと思っていても足腰が弱ってきたり持病の影響があったりすることで、片付けることができなくなります。少しでも、移動を少なくしようと洋服や日用品を自分の側に置いてしまうことから、いっそう散らかった状態に陥りやすい原因となってしまうのです。

判断や決断が衰えるため

高齢になると、体力的な問題だけではなく判断や決断が衰える傾向も強くなります。要不要の判断をどうしても先延ばしにしてしまったり、捨てることへの罪悪感が強くなったりするのもその一つです。

体力の問題に加え判断力が鈍るとずるずるとそのままになってしまうので、片付けられないままに過ごすようになってしまいます。決断できないのは、やはり体力的な問題から誰かに頼まないと片付けられない場合もあるので、行動を起こすのが億劫になってしまうのです。

認知症の傾向があるため

離れて暮らす子どもが実家に帰る時しか、間近で暮らせないため親の異変に気づくのが遅くなりがちです。年相応の物忘れは誰の身にもありますが、認知症の傾向が見られるようになると同じものをいくつも買い込んでいたり、季節に合わせた格好をしなくなったりするなどの変化が見られます。

これまでの親の性格からして考えにくいような生活の変化があることもしばしばです。こうした認知症が現れ始めると、ゴミをため込んだり分別ができなくなったりするのでひどくなるとゴミ屋敷化してしまう怖さもあります。

片付けできない親の家をきれいにする方法

片付いた部屋

親の家が片付いていない場合には、まず以下のような方法を試してみましょう。以下のように、片付けできないことをあからさまに怒ったりひどく注意したりすることは親の自尊心を傷つけてしまい、上手く行くものの行かなくなったりする恐れもあるので配慮しながら対応していくのがコツです。

「要らないゴミなのに、取っておくから」

「片付けは誰がすると思っているの!」

「なぜ、片付けをしなくなったの?」

定期的に覗く回数を増やす

子どもが帰省しやすい距離に住んでいるなら、これまでよりも定期的に覗く回収を増やすのがおすすめです。やはり、高齢になった親は子どもへの負担をなるべきかけまいという思いを持ってはいるものの、帰省すれば目の前の様子や体調も直接分かるのでその際に片付けを少しでも進められます。

ヘルパーの利用を検討してみる

体力的、精神的な問題から掃除や片付けできないままだと生活に支障がある場合には、介護保険制度でヘルパーを利用する方法もおすすめです。

  1. 介護保険の申請をする
  2. 市から調査員が調査に来る
  3. 介護保険審査会で介護認定が決まる
  4. ケアマネージャーや事業者とケアプランを決める
  5. ヘルパーの利用を始める

申請からヘルパーの利用が始まるまで約1か月ほどはかかります。定期的に、掃除や調理、洗濯、買い物、ゴミ出しなどの生活支援を受けられるので、片付きやすくなります。しかも、ヘルパーが、利用者との会話も行うため心身の状態など人の出入りがない時よりも把握してもらえる安心感もあるでしょう。

不用品は粗大ゴミ回収などでできるだけ捨てる

子どもが帰省した際に、不用品はできるだけ粗大ゴミ回収などで処分を進めましょう。要らないものが残されていれば、またそれだけスペースを占めるようになってしまうばかりか、物があることで必要なものを見つけにくくしてしまっているので親にとっては暮らしにくさを増長させているのです。整理整頓されている部屋だと、ものにつまづいたり転倒したりする可能性も下げられます。

  1. 自治体の粗大ゴミ受付センターに電話かネットで申し込む
  2. 自治体の粗大ごみ処理シールを指定場所で購入する
  3. 粗大ゴミ処理シールを不用品に貼る
  4. 粗大ゴミ収集場所に出すか、ゴミ処理センターに直接持ち込む

不用品回収業者に回収を依頼する

粗大ゴミ回収を利用するのに、子どもが忙しくて時間が無い場合や大型のものが多くて対応しきれない場合には、不用品回収業者がおすすめです。都合の良い日時に回収してくれるので、多忙な方でも安心して依頼できます。

片付けできない親の家には、粗大ゴミの他、長年暮らし続けているために衣類や日用品などの不用品もあると考えられますが、それらもまとめて一度の片付けられるのが魅力です。

業者を選ぶ際には、まず、見積もりを複数社から取るのが基本です。費用は業者ごとに子となるため、費用の比較をしてみることで内訳やサービスの内容を把握しやすくなります。また、この機会に親の持ち物をまとめて断捨離したい場合や生前整理を進めたい場合でも、専門的な知識を持っているスタッフがいる業者なら、疑問点や不安な点も相談できるでしょう。

ポイント

依頼者の都合に合わせて回収可能!

まとめて粗大ゴミや不用品を回収してもらえる!

業者を選ぶには見積もりが不可欠!

まとめ

片付けできない親の家を何とかして暮らしやすくしたいと思う時には、お伝えしたような方法をまずは行ってみましょう。若かった頃に比べると体力も気力も低下しているのは確かなので、何らかのサポートを活用する必要はでてきます。できるだけきれいな部屋に戻すことは、お伝えした方法を組み合わせて行けば、可能です。衛生的で快適な住環境を整えるためにも、片付けを進めるようにしておくようにしてみましょう。「片付けるように」と必死で説得したとしても高齢になるといろんな支障が誰の身にも起こって来るため、行動を起こしたくても起こせないのが普通です。片付ける工夫をしていくことが求められると理解しておくのがおすすめです。

不用品回収・処分の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

step1


お問い合せ

step2


お見積り

step3


契約成立

step4


回収作業

step5


お支払い

お気軽にお問い合せください!


 

無料出張見積り対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.



送る

LINE

メール

電話

TOP