電化製品の引き取りで悩む家電4品目!5つの処分方法を紹介 - 福岡エコサービス

電化製品の引き取りで悩む家電4品目!5つの処分方法を紹介

住まいの中には、大型から小型のさまざまな電化製品が活躍しています。それだけに、故障したり使わなくなったりして電化製品の引き取りを考えなければならないことも少なくありません。中でも、やはり悩んでしまうのが家電リサイクル法で指定された品目の処分方法ではないでしょうか?

今回は、そんな悩みを一気に解決してもらうために、家電リサイクル法の特定4品目の電化製品・引き取り処分の5つの方法を解説していきます。

目次

  1. 電化製品の引き取り処分に悩むものとは?
  2. 家電リサイクル法の特定4品目とは?
  3. 家電特定4品目を引き取り処分してもらう5つの方法
    1. 家電量販店で引き取りしてもらう
    2. 購入店で引き取りしてもらう
    3. 指定引取場所に持ち込み処分してもらう
    4. 不用品回収業者に引き取りしてもらう
    5. 家電買取専門店に買い取ってもらう
  4. まとめ

電化製品の引き取り処分に悩むものとは?

暮らし慣れた家の中で、機能している電化製品と言えば冷蔵庫・テレビ・掃除機からドライヤーやシェーバーなどまでありとあらゆるものがあります。壊れたり、買い替えたりする際に使わなくなった電化製品の棄て方に悩んでしまうものですね。特に、悩んでしまうものは自治体のゴミ回収の対象外となっている冷蔵庫、テレビ、洗濯機、エアコン、パソコンではないでしょうか。

家電リサイクル法の特定4品目とは?

現代では、家電リサイクル法についても広く浸透してきており、処分するにも費用の負担があることを理解している人が大半でしょう。しかし、費用の負担を避けたいばかりに不法投棄をしたり違法営業の不用品回収業者に依頼したりするケースも多くなっています。

改めて家電リサイクル法の対象となっている家電を見直しておきましょう。

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・乾燥機

これらの家電には、資源として役立つ部分があります。廃棄処分する際に、資源の再利用を推進を目指すために作られたのが家電リサイクル法です。2001年4月1日に施行されており、処分の流れはおぼろげにでも理解しているという方も増えてきているでしょう。

家電特定4品目を引き取り処分してもらう5つの方法

こうした家電リサイクル法の対象品目を処分する際には、主に以下の5つの方法があります。広く知れ渡っているのは、家電量販店で買い替えの際に引き取りを同時に済ませるケースではないでしょうか。

家電量販店で引き取りしてもらう

エアコンやテレビなどの買い替えの際に、これまで使っていた家電を家電量販店での回収が可能です。リサイクルに関する費用は、リサイクル料金と収集運搬料金です。電化製品の買い替えで設置を行ってくれますが、そのタイミングで使わなくなった電化製品の引き取り処分してもらえるので、手間がかからないメリットがあります。

購入店で引き取りしてもらう

新たに購入するタイミング以外でも、電化製品の引き取りを購入店に申し込むことも可能です。「買ったお店じゃないのに引き取りだけ頼むのは頼みにくい」と疑問を持つ方も少なくなりでしょう。しかし、家電リサイクル法では、「小売業者は排出者からの引き取り」義務があるので、適切に応じてくれます。

大手家電量販店のリサイクル費用は、以下の通りです。テレビや冷蔵庫は、サイズや容量に応じて費用が違うので注意してください。また、収集・運搬料金は家電量販店で多少に違いもありますので、相場を知っておくと役立つでしょう。

特定家電 リサイクル料金(税込) 収集・運搬料金(税込)
テレビ(15型以下) 1,320円~  1,100円~1,210円が相場

冷蔵庫では2,200円~2,750円もあり、量販店次第で異なる

テレビ(16型以上) 2,420円~
冷蔵庫(170L以下) 3,740円~
冷蔵庫(170L以上) 4,730円~
洗濯機・乾燥機 2,530円~
エアコン 990円~

費用の負担はあるものの、適切に電化製品を引き取りしてもらえるので、手間も労力もかかりません。

指定引取場所に持ち込み処分してもらう

特定4品目の処分には、他にも最寄りにある指定引取場所へ持ち込むこともできます。家電を指定引取場所に持ち込むことで、収集・運搬料金が発生しないので費用を安くできるのがメリットです。

  1. 電化製品のメーカー・テレビのサイズや冷蔵庫の容量を調べてメモする。
  2. 郵便局で、家電リサイクル券の記入を行い、リサイクル料金を支払う。
  3. 指定引取場所へ、廃棄する電化製品と家電リサイクル券のつづり一式を持っていき、引き取りが完了したら家電リサイクル券の控えを持ち帰る。

指定引取場所への運搬ができる車や人力のある人に向いている方法です。ただ、リサイクル料金の支払いを郵便局で事前に済ませるなどの手間はかかります。

※指定引取場所の検索は、一般財団法人家電製品協会にて検索が可能です。
https://www.kaiketsukr.com/areasearch/

不用品回収業者に引き取りしてもらう

当日にでも引き取りしてほしい場合や手間をかけずに引き取りしてほしい場合には、不用品回収業者に引き取りを依頼すると便利です。当日でも電化製品の引き取りを依頼できる手軽さがあるのがメリットです。電話1本だけで、引き取りに来てくれるのでフットワークの良さがあります。

ただ、無料回収といって街中を大音量で回収するトラックの場合には、違法営業している可能性が高いため、見積もりや手順など丁寧に説明してくれる業者を選ぶようにするのが賢明です。中には、始めは無料で回収するといっておいて、「運搬料金が追加になった」などと法外な金額を請求されることもあります。見積りの提示を始めからせずに、引き取りを業者のペースで勝手に進めるような対応であれば、家の中に入れないうちに断固として断りましょう。

信頼のある不用品回収業者を見つけるには、以下のポイントを抑えておきましょう。

  • 見積もりの内容が正確
  • 一般産業廃棄物許可を保有
  • 追加請求がない

家電買取専門店に買い取ってもらう

中古の電化製品でも、状態が良く製造から5年以内のものであれば、家電買取専門店で買取も検討してみる価値があります。特定家電4品目は、小型のテレビを除いては手軽に運搬できるものとは言い難いものです。出張買取なら運搬の心配もなく、手軽に訪問査定してもらえるので利用してみる価値があります。引っ越しだけではなく断捨離などの際にも新しめの電化製品があれば、処分にお金をかけるよりも少しでもお得に買い取ってもらう可能性があるので、まず査定だけでも試してみるのもおすすめです。

まとめ

特定家電4品目は、適正に家電リサイクル法にのっとった手順で引き取りをするのが、排出者の義務でもあります。排出者、小売店、製造者と、それぞれの立場で従うべき義務があり、有効な資源をリサイクルできるように家電リサイクル法で定められているからです。紹介した引き取り方法で利用しやすい方法を検討してみてください。優先するのが、費用、手間、速さいった個々の希望によってもふさわしい方法を選びましょう。

不用品回収・処分の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

step1


お問い合せ

step2


お見積り

step3


契約成立

step4


回収作業

step5


お支払い

お気軽にお問い合せください!


 

無料出張見積り対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

Copyright© 福岡エコサービス , 2022 All Rights Reserved.



送る

LINE

メール

電話

TOP