進みにくい倉庫の片付け!上手く進めるコツと業者に依頼するメリット - 福岡エコサービス

進みにくい倉庫の片付け!上手く進めるコツと業者に依頼するメリット

倉庫の片付けは先延ばしにしてしまいその内、何がどこにあるのか分からなくなってしまうことがありませんか?普段使いしないものや季節ごとに使うもの以外だと、なおさら物の在処が分からなくなってしまうものです。不用品もたくさんあるのは想像がつくのに、あまりにも物が多くて取り掛かる気すら起きないこともあるでしょう。

今回は、倉庫の片付けが進まない理由・倉庫を上手く片付けるコツ・倉庫の片付けを業者に依頼することのメリットを詳しく説明していきます。

目次

  1. 倉庫の片付けが進まない理由
    1. 生活スペースと違い放置しがち
    2. 捨てる判断ができなくなる
    3. 大型のものや処分しづらいものを保管している
  2. 倉庫を片付けるコツ
    1. 人手を確保・日程を立てておく
    2. 要・不要を区別する
    3. 不用品を捨てる
    4. 必要なものを整理する
  3. 倉庫の片付けを業者に依頼することのメリット
    1. 短期間で倉庫が片付く
    2. 危険な作業を自分でしなくて済む
    3. 完全に不用品を処分できる
  4. まとめ

倉庫の片付けが進まない理由

「お客様用の食器が見つからない」「調理器具が確かあったはずなのに、ない」などと倉庫でもの探しをすることが多い家庭もあるでしょう。倉庫に保管していることは覚えていても、その中から見つけ出すのに一苦労しませんか?倉庫の片付けがきちんとできていれば、もの探しに振り回されることも少なくなります。

倉庫の片付けを行えば良いということはわかっていても、決心がつかずに取り掛かれない、取り掛かっても進まない理由はどこにあるのでしょうか?

生活スペースと違い放置しがち

倉庫は、普段私たちが暮らしている生活スペースと違い、とりあえず物を保管しておいても問題ないと考えられているため、放置しやすくなります。家族以外では、倉庫を見ることもなく人目につかないため、とりあえず保管だけはしているという 状態に陥りやすいのです。

使用頻度も毎日使うものでもなく、数ヶ月~数年に一度使うものも多くなります。そうなると保管していた場所も記憶があやふやになってしまうのも無理もありません。また、先祖代々続いている家では、 自分が倉庫内のものでも知らないものがあるという方もいるでしょう。

捨てる判断ができなくなる

倉庫にあるものはこのようにいろいろなものがあり、普段は使う出番が少ないものが保管されていると考えられるでしょう。使用頻度が少ないなりにも年に数回でもあれば、物の在処を確確認できるので捨てる判断もつくでしょう。定期的に使わないものであれば、忘れ去られることも容易に想像がつきますね。こうなると、それぞれの物に対して捨てる判断ができなくなってしまいます。つまり、片付けをするチャンスを逃すことで物はさらに増えてしまうのです。

大型のものや処分しづらいものを保管している

倉庫の中を一度確認してみてましょう。そうすると、こまごまとした生活用品以外では、大型の健康器具や椅子、処分に困った家電などが一つや二つある家庭も多いのではないでしょうか?スペースがあるばかりに、とりあえず処分するまでの保管場所として倉庫に置く習慣がある家庭もあるでしょう。このようにして、大型のものや処分しづらいものは、倉庫で保管され処分の方法や手間を考えてしまうと、先延ばしにしがちになるのです。

目の前に、不用品があり暮らしの中で邪魔になるというケースなら、必要にせられることから処分を行うものですが、目の前から見えない倉庫に置いてしまうといつの間にか、不用品の存在すら忘れ去ってしまうこともあります。

倉庫を片付けるコツ

家の中の部屋を片付けるのと違い、倉庫を片付けるには大掛かりになったり物が多かったりすることで、想像上に時間も手間もかかってしまいます。せっかく、倉庫の片付けを始めようと思った時には、絶好のチャンスですので以下のコツを覚えておきましょう。

人手を確保・日程を立てておく

倉庫の片付けは、短期間で済む問題でもないことの方が多いものです。だからこそ、倉庫の片付けを始めるには、人手を確保し日程を立てる必要が出てきます。個々のものだけではなく、家族で共有しているものの処分についても事前に決めておくとスムーズに進みやすくなるので、検討しましょう。後々、「捨てるはずじゃなかった」と家族間でけんかにならないためにも、都合を合わせて行うのが得策だと言えますね。

要・不要を区別する

次に、必要なものと捨てるものを区別していきます。要・不要の区別は、家族でも判断が異なるケースもあるので、もめごとにならないように事前に話し合っておくことが賢明です。もし、家族が不在で要るものかどうか不明なら人のものを勝手に捨てないのがルールと考えておきましょう。

また「いつか使うかもしれない」というものは、「いつか」が永遠にやってこないものも結構あります。「使えるか」「使えないか」で判断すると、残す基準を見誤ってしまうこともあります。これから先に、必ず使うというものを残すように基準も設けておきましょう。

不用品を捨てる

不用品は、自治体のゴミ回収で出せる日に計画的に処分を行いましょう。しかし、倉庫の中にあるものは、捨てにくくて置いている粗大ゴミや使わなくなった家電などもあるでしょう。粗大ゴミが自治体の回収対象になっているかも、調べておきましょう。

家電リサイクル法に従った処分をしなければならないテレビも、倉庫に小型のものなどは置かれることがあります。明らかに壊れているテレビを保管し続けてしまうのは、処分方法や手続きが厄介ではないかと思うことが原因になっている場合もあるでしょう。家電リサイクル法にのっとった処分を行うには、購入店・家電量販店・指定引き取り場所などを通じて適切に処分を進めるようにしなければなりません。

不用品を捨てる際に、一定の時間がかかってしまうことは自分たちで行うと思えば、ある程度の把握しておかなければなりません。不用品の種類によって、以下のような方法で適切に処分をしていくためには、数日~十数日はかかるものと考えられます。

  • 自治体のゴミ回収日に出す
  • 自治体の粗大ゴミ回収を申し込む
  • 家電リサイクル法に従って処分を済ませる

必要なものを整理する

必要なものだけになれば、あとはそれらのものをそれぞれ倉庫内で取り出しやすいように配置をします。基本的には、使用頻度の高いものを手前に、低いものを奥に置くのがおすすめです。その他、物の重さによって重いものを足元に、軽いものを目線より上におくと取り出しや収納もしやすくなります。

倉庫の片付けを業者に依頼することのメリット

倉庫の片付けは、コツを抑えて行うにしても紹介しましたように、取り掛かってからものの整理が完了するまで、手間や労力、時間もかかってしまいます。粗大ゴミをゴミ処理センターに持込するなら、車や人手も場合によっては雇う必要もあるでしょう。

倉庫の片付けを専門業者にお任せすると、それなりにまとまった費用はかかるので予算をしておかなくてはなりません。しかし、お金を支払う分だけ確かなメリットはいくつもあります。

短期間で倉庫が片付く

自分たちで倉庫の片付け行うのと違い、倉庫の片付けを業者に頼むと、決められた期間で最短で済ませることができます。倉庫の広さや数によっては、当日で終わらせることも可能でしょう。自分たちで片付けようとすると、不用品の処分まで終わるのに一定の期間はどうしてもかかってしまいます。

危険な作業を自分でしなくて済む

また、倉庫の中の不用品が高所にあったり、重かったりすることもあり作業に危険を伴う可能性もあります。倉庫の片付けは、雑多なものがあり思いがけないケガをしてしまうこともあるものです。このような作業も、専門業者なら作業に手慣れており、危険性や扱いにくさなどに精通しているプロですので安心して依頼できます。

完全に不用品を処分できる

自分たちで倉庫の片付けを行った場合、達成するまでに時間がかかるだけではなく、やる気が持続しなくなることも考えられます。時間が取れる土日を利用して片付けを進めても、一定期間、作業が空いてしまうとまたもとの日常に戻ることも実際、多いのです。完全に不用品を処分できるのは、倉庫の片付け業者ならではの対応なので途中で作業が中断してしまうこともありません。

数年、あるいは、数十年もの間にたまりにたまった不用品を完全に処分できることで、倉庫の整理整頓ができるようになり、さらには暮らしを快適にすることができるようにもなるのです。

まとめ

倉庫の片付けを、自分たちで進めるにはコツを抑えて計画的に進める必要があります。けれども、手間や労力や時間もかかってしまうので、一定の期間をかけて片付ける腹構えもしなければなりません。そのため、一気に片付けたい場合や自分たちで運び出しや処分ができにくい場合には、倉庫の片付けは専門業者を頼ってみるのもおすすめです。いったん、完全に不用品を処分できると倉庫が「リバウンド」するのを、避けられるようになるメリットもあります。

不用品回収・処分の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

step1


お問い合せ

step2


お見積り

step3


契約成立

step4


回収作業

step5


お支払い

お気軽にお問い合せください!


 

無料出張見積り対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

Copyright© 福岡エコサービス , 2022 All Rights Reserved.



送る

LINE

メール

電話

TOP