賃貸の残置物の撤去費用はいくら?優れた業者の選び方 - 福岡エコサービス

賃貸の残置物の撤去費用はいくら?優れた業者の選び方

費用 電卓

賃貸のオーナーは、残置物の撤去への対応にも悩まされることがあります。夜逃げ同然で入居者が居なくなった場合、残置物があるのでその撤去も必要になるものです。

この記事を読んでもらうと、賃貸の残置物の撤去費用の相場がわかります。「元入居者へ費用の請求ができるのか?」「勝手に残置物の撤去をして良いのか?」なども詳しくまとめました。

優れた業者に依頼する際には、どのような選び方をすれば良いのかもご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

残置物とはどんなもの?

シーリングライト

残置物とは、賃貸物件の入居者が置きっぱなしにして行った物を意味します。個人や店舗に関わらず、置きっぱなしにして行ったものを「残置物」と呼ぶのですが、動かすことが可能なものに限ります。

  • 家具
  • 入居者が設置した照明器具・エアコン
  • その他の不用品や機材など

普通、入居者が明け渡す場合には必要なものを引越し先に持っていき、不要なものはあらかじめ引越しごみとして処分します。何らかの理由(夜逃げを含む)があり入居者が家財品をそのままにして出て行った時に、残されたものは「残置物」となるわけです。

不動産会社から依頼を受けた不用品回収業者や片付け業者が、作業に対応する時にこれらのものを「残置物」と呼ぶことが多くなります。

残置物の撤去はオーナーが勝手にできない

バツを示す男性

残置物があるとオーナーにとっては、次の入居者探しの支障が出て来ます。空き部屋の状態が長くなればなるほど、経営面ではマイナスです。早く撤去をしたいものですが、オーナーと言っても勝手に残置物を撤去することは出来ません。

なぜなら、残置物の所有権は入居者にあるからです。処分をする際には、入居者に確認をしなければなりません。

残置物の撤去費用は元入居者に請求できる

請求書

残置物は、元入居者に所有権があるのでオーナーと言っても承諾なしに処分はできません。元入居者に撤去が必要かどうかの確認を取る必要があります。

所有権を放棄したのだから、オーナーが撤去してくれればそれで済むというわけではありません。オーナーは、処分にかかる撤去費用を元入居者に請求ができます。

 

ただ、元入居者が支払う能力が無くて連絡を絶ってしまうこともあります。そのため、結局請求をしても回収できないままで最終的にはオーナーが撤去費用を負担せざる得ないケースも多くなっています。

残置物の撤去費用の相場

電卓 現金

残置物の撤去費用はどれくらいかかるのかという点は、オーナーも負担せざる得ない時があるので、知っておきたいものでしょう。

残置物の撤去費用は平米当たりの単価で決められます。おおよそ、1㎡当たりでは5,000~15,000円が目安です。

 

  • 残置物の量
  • 残置物の種類

 

料金の算定に響くのは、上記の2点です。家電が多いと廃棄費用が高くなります。その他、費用は立地条件にも左右されます。階段を使う必要があれば、それだけ搬出の手間がかかるので高くなると考えてください。

 

間取りごとの残置物撤去費用は、以下の相場を把握しておきましょう。

間取り 費用相場
1R・1K 3~10万
1LDK・2DK 5~20万
2LDK・3DK

 

10~30万
3LDK・4DK 15~40万

 

残置物の撤去を依頼する良質な業者の選び方

指さしする業者の男性

残置物の撤去費用は、決して安いわけではありません。せっかく依頼するなら、良質な業者に任せたいものです。業者を選ぶ際には、以下の選び方を参考にしてみてください。

見積もりが明確

良質な業者は、見積もりが明確で分かりやすいのが特徴です。逆に、適当な見積もりを出す業者は、追加請求されかねないので注意しておいてください。先ほどの費用相場を念頭に入れてかけ離れていない見積もりかどうかも確かめましょう。

平米数で把握しづらい場合には、間取りでいくらになるのかを知っておくと役立ちます。

残置物の撤去の実績が多数ある

業者を選ぶ際には、残置物撤去の経験が多数ある方が安心です。なぜならば、いろんな残置物を撤去する経験があることで、どのような現場でも搬出経路や方法ととっさに判断できるからです。

経験が少ないと想像以上に搬出が手間取ることで、費用が割高になる可能性もあります。

産業廃棄物収集運搬業の許可を持っている

業者を選ぶ時、産業廃棄物収集運搬業の許可があるかを確認してください。中には、許可を持たずに違法営業している業者もいるので、注意が必要です。無許可営業の業者では、不法投棄の恐れもあります。

あまりにも見積もりが安すぎる場合には、何としてでも仕事を獲得したい無許可業者の可能性も否定できません。そのためにも、見積もりが相場の範囲内かどうかという点も調べておくのが賢明です。

不用品回収の福岡エコサービスは、もちろん許可を受けた業者ですので安心してご利用ください。

まとめ

賃貸の残置物撤去にかかる費用は、相場を知っておく必要があります。やむを得ない事情で入居者の支払い能力がない場合には、オーナーが負担せざるを得ません。

 

業者を選ぶ際には、お伝えした選び方を参考にしてください。費用の安さだけで業者を選んでしまうと無許可業者だったり品質の悪い業者だったりする可能性もあるので注意が必要です。

残置物の撤去は、慎重に業者を選ぶようにしましょう。

不用品回収・処分の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

step1


お問い合せ

step2


お見積り

step3


契約成立

step4


回収作業

step5


お支払い

お気軽にお問い合せください!


 

無料出張見積り対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.



送る

LINE

メール

電話

TOP