店舗閉店の片付けで困ること!費用を安く抑えるコツ - 福岡エコサービス

店舗閉店の片付けで困ること!費用を安く抑えるコツ

店舗閉店のお知らせ

店舗閉店を決意すると、それに伴って片付けや工事、事務処理、資金繰りなどやるべきことがたくさんあります。期限が迫っていることも多く、同時進行で進めなかればならないとなると混乱してしまうこともあるでしょう。店舗閉店を控えて行う片付けは、有益な情報を持っているかどうかでも費用が大きく変わって来ます。

この記事を読んでもらうと、店舗閉店の片付けの困りごとと業者の費用を抑えるコツが分かります。苦しい状況での店舗閉店の判断をすることも多いので、できるだけ費用を抑えて業者に依頼することで、次の行動を起こしやすくなるでしょう。

店舗閉店で必要な片付けでよくある困りごと

厨房機器

店舗閉店に伴って必要に迫られるのが、さまざまなものの片付けです。雑多なものが多く対応に困ってしまうことが多くなります。具体的にどのような問題で困りごとに直面するのかを、説明しておきましょう。

急な閉店で対応に追われる

予定外の閉店をしなかればならない時には、閉店までの時間が少ないため対応に追われてしまいます。優先順位を決めて進めようとしても、目の前の対応をしているうちに片付けの計画が立てにくくなることもしばしばです。

まだ新しい厨房機器を何とかしたい

飲食店の場合には、厨房機器がまだ新しく廃棄処分をすると費用が高くついてしまうので、何とか買取をしてもらいたいと思うものです。厨房機器の買取をどのような業者に依頼すれば適切な価格で買い取ってくれるのかも、調べておかなくてはなりません。

食器やテーブルなどを処分したい

細々とした食器や複数あるテーブルの処分も、店舗の閉店時に悩むものです。特に、食器や調理器具など細かいものがたくさんあるため処分には時間がかかるものでしょう。

テーブルやパーテーション、冷蔵庫など不用品の片付けをどこから手をつけたら良いのかも非常に悩めるところです。

スケルトン工事を依頼したい

飲食店の場合、店舗を閉店する際にスケルトン工事が必要になることが多くなります。店舗を借りた時点に何もない状態に戻す必要があるので、内装まですべて解体するのがスケルトン物件です。

スケルトン工事は、坪当たり3~5万円が相場です。飲食店や美容院などの場合には撤去物が多いので、費用が上がることが多くなります。

費用を抑えたい

店舗閉店に伴って片付けを依頼する際に気がかかりになるのが、費用でしょう。できるだけ費用を抑えるためには、どのような業者を選んだら良いのかも不慣れな方にとっては悩みの種となるものです。

店舗閉店に伴う片付けの費用を安くするコツ

スケルトン工事

片付けを依頼する際に、少しでも費用を安くするにはコツがあります。

片付けの費用の構成

お伝えしたように、店舗閉店で片付けを業者に任せると以下の費用がかかります。

  • 不用品の処分
  • スケルトン工事の費用

業者に見積もりを依頼した時に、費用の構成が明確に分かるかどうかも重要なポイントです。不用品の処分では、定額プランが適用されると安くなることが多いので、適切なプランが適用されているのかも調べておくと良いでしょう。

また、スケルトン工事の単価(坪当たり)が、あまりに相場よりも安い場合にはずさんな工事になってしまう可能性もあるので注意をしてください。

買取可能な業者を選ぶ

少しでも安く済ませるには、買取可能な不用品回収業者を選ぶのがコツです。産業廃棄物として、まだ使えるものまでトラックに積み込まれるとそれらがすべてに処分費用が発生してしまいます。再利用できる厨房機器やテーブルなどでも廃棄処分となると割高になるのは当然のことです。

国内外を問わずリユースのルートを確保している業者だと積極的な買取をしてくれるので、片付け費用から買取費用を差し引くことでお得な処分ができます。

買取以外でも、回収したものを細かく分別している業者だと、再資源化に力を入れていることがわかります。環境への配慮だけではなく、依頼した方にもメリットがあるのです。細かく分別することで同じ不用品であっても処理段階の廃棄費用を抑えられる点です。価格を抑えることで、依頼した方にも料金を少しでも安く反映できます。

回収・買取・スケルトン工事をまとめて依頼する

回収と買取だけではなく、スケルトン工事が必要な場合にはそちらも合わせて依頼する方が得策です。片付けと同時に依頼すると、平均的な工事費用よりも割引する業者も多数あります。また、他社の見積もりを提示するとそれよりも安い価格の見積もりを出してくれる業者も少なくありません。

店舗閉店は、事業から撤退することも多く、精神的にも経済的にも苦境に立たされている中で進めることが多くなります。閉店の片付けに酋長できる状態ではなく、資金繰りや次の計画も立てなくてはならないので、すべきことは山のようにあるでしょう。

しかし、すべて必要な片付けを不用品回収業者に任せると、一時的な支出はもちろん発生しますが、労力や時間を削減できる分は他の業務へ集中できます。結果的に、次の計画が早く進みやすくなり利益に結び付く状況を早く作れるようになるでしょう。

まとめ

店舗閉店を済ませるには、ご紹介したように大掛かりな片付けが必要になってきます。そのため、労力や時間も大幅にかかってしまうものです。家庭の片付けとは性質が違うので、店舗の片付けは処分量も多く工事も必要になるため費用も割高になってしまいます。労力をできるだけ少なくして、次のスタートが早く切れるようにするためにも、片付けから工事まで質の高い業者に依頼するのがおすすめです。そのためにも、複数社の見積もりを取り料金相場・評判の高さ・作業内容の分かりやすさなどを比較してみるようにすると、良質な業者を見つけ出しやすくなります。

不用品回収・処分の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

step1


お問い合せ

step2


お見積り

step3


契約成立

step4


回収作業

step5


お支払い

お気軽にお問い合せください!


 

無料出張見積り対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.



送る

LINE

メール

電話

TOP