家財を安心して引き取りしてもらう方法!費用を抑えるコツ - 福岡エコサービス

家財を安心して引き取りしてもらう方法!費用を抑えるコツ

家財 食器棚 テーブル ソファー

家財は、家具や家電、衣類など暮らしに欠かせないものすべてが含まれます。処分しなければならないものの処分しづらいのが、家にあるさまざまな家財です。自治体のゴミ回収で気軽に出せないものであれば、なおのこと処分は先延ばしになってしまいますね?搬出や運搬がネックとなってしまっている家財は、どう処分すれば楽に解決できるのかが気になるところでしょう。

今回の記事は、家財を引き取りしてもらう方法を自治体の回収や各業者の特徴を合わせてご紹介しています。業者への依頼で悩みの種になってしまうのが、費用の問題でしょう。できるだけ費用を抑えるコツもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

家財を引き取りしてもらう方法

家具の引き取りイメージ

家電や家具などは処分に二の足を踏むことが多いものですね。そもそも、処分しようにも家からの搬出すら負担がかかるものだからです。また、家電リサイクル法や小型家電リサイクル法に従って処分するには、適切に進めて行かなくてはならず細々とした対応が求められます。そんな厄介な家財の処分は、以下の方法なら引き取りで対応してもらえるので戸惑うことなく進められるようになるのでまずはご覧ください。

自治体の粗大ゴミ回収で引き取りしてもらう

自治体の粗大ゴミ回収と言えば、収集場所に粗大ゴミを持ち込むかゴミ処理場へ直接持ち込むかのイメージを持っているのではないでしょうか?しかし、実際に家から不用な家財を搬出するのも困難というケースも少なくありません。自治体次第では、指定されている業者に依頼すると自宅まで回収に来てくれます。引き取りしてもらえるため、これまでネックとなっていた搬出や運搬の問題をすべて解決してくれるため利用する価値は高いでしょう。

不用品回収業者へ依頼する

家財と一口にいっても、家具や家電、衣類など生活に関するさまざまなものがあります。自治体の粗大ゴミ回収で指定業者に引き取ってもらえるものは、対象品のみです。不用品回収業者なら幅広いジャンルの不用品でも引き取りしてもらえます。一気にいろいろな家財道具を処分して欲しい時に、もっとも手軽に依頼できる方法です。

電話やメールで受け付けており、現地で見積もりを提示してくれその後、回収してもらうことも可能ですし後日まで検討して予約することもできます。

遺品整理業者へ依頼する

親や身内を亡くした場合には、遺品整理業者への依頼で家財を引き取りしてもらえます。不用品回収業者と異なるのは、家財を遺品として扱うプロが在籍している点です。遺族の感情への配慮もあり、遺品の一つ一つを丁寧に扱ってくれるので安心して依頼できます。家財の引き取りを希望している場合に、遺品整理の一環としてなら遺品の仕分けや遺品の捜索、簡易清掃からハウスクリーニングや消臭まで任せられるので安心感があるでしょう。

引越し業者に依頼する

引越し時は、不要な家財道具が次々と出て来るものです。新居へ引っ越す前に思い切って処分をしておかないと、不用品まで引越しの荷物に含めなければならなくなります。費用面でも無駄に高くなってしまうので、何としてでも避けたいものでしょう。

引越し業者で、家財の引き取りをしている業者も一部あります。たとえば、日通の不用品(粗大ゴミ)のお引き取りなら引き取りが可能です。ただし、地域次第では対応不可のところもあるのであらかじめ確かめておきましょう。引越し時に、引越しと家財の引き取りを同時にお任せできるので利便性にかなっている方法です。

ゴミ屋敷清掃業者に依頼する

家財の引き取りといってもゴミが入り混じり散乱しているようなゴミ屋敷状態の場合には、専門のゴミ屋敷清掃業者ならその道のプロですので安心して任せられます。家財だけではなく何層にも蓄積された生活ゴミでも、全て片付けてくれるのが強みです。ゴミ屋敷となると居住者の健康を損ねるばかりか周辺住民への悪臭や通行の支障にもなり兼ねません。できるだけ早い段階で、居住者を説得してゴミ屋敷の問題を解決を目指す方が、費用も抑えられます。

リサイクルショップの出張買取を利用する

購入後10年程度の家具ならリサイクルショップの出張買取で、買取してもらうのもおすすめです。ブランド家具だけに限らず一定のニーズがあるので、購入年数を満たしていて目立った傷などがない場合には、査定を受けてみましょう。タンス、ドレッサー、食器棚、キッチンボード、テーブルセットなど広く買取してもらえるため家財の引き取りを進めたい時に、お得な方法です。

家財の引き取りをできるだけ安く抑えるためのコツ

電卓を持ち悩む女性

家財の処分を業者に依頼する際に、躊躇してしまう理由の一つに費用の心配もあるでしょう。できれば、費用は安く抑えたいものですね。少しでも安く抑えるためのコツを紹介しましょう。

処分しやすいものは自力で処分する

家具や家電以外の家財では、衣類や書籍など通常のゴミ回収で出せるものも多々あります。家財の処分を始めるには、自治体の粗大ゴミ回収以外で廃棄しやすいものは出していくようにしましょう。少なくとも、一気に片付けようとするよりは着実に処分が進められます。業者によって不用品の量に応じて費用が変動するため、少しでも家財の量を減らすことで費用を抑えるのに効果的です。

分かりやすい見積もりを出す業者から絞り込む

業者への問い合わせからまず始まりますが、分かりやすい見積もりをきちんと提示する業者から絞り込むのがおすすめです。「一式 ○○円」という内容の見積もりでは、どのように算定されているのかも不明瞭で疑念が生じてしまうでしょう。後々、料金トラブルがないようにするためにも、追加料金の有無や基本料金に含まれる費用も尋ねておくのが賢明です。

信頼のある業者なら、明瞭な説明をしてくれるので依頼者が納得しやすくなります。少しでも、不明な点に真摯に応じてくれる業者から選ぶようにしてください。

買取も同時に行う業者を選ぶ

家財の引き取りで費用を安く抑えるためには、不用品回収業者や遺品整理業者などでも買取を広く行っている業者を選ぶのも一つの手です。業者に家財の引き取りを依頼した時に、相場の範囲内でも安い見積もりを提示してくれるところもあります。これは、海外へ再販する独自にルートを持っていたり、提携先のリサイクルショップの活用をしたりすることで実現できるわけです。

引き取りか買い取りかでは、一つの家財に関する費用でも大きく変わって来ますね。広く買取を受け付けている業者かどうかもポイントの一つとして見極めてみてください。

まとめ

なかなか進めたくても進める手段が分かりづらい家財の引き取りですが、ご紹介した方法なら確実に問題を解決できるようになります。家財の量や片付けを済ませたい期限、手間などから最適な方法で引き取りをしてもらいましょう。家財を処分したい家庭の事情からも、業者選びは決まって来るでしょう。業者にはそれぞれ特徴や強みががあるので希望と一致している業者の中から検討してみてください。

不用品回収・処分の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

step1


お問い合せ

step2


お見積り

step3


契約成立

step4


回収作業

step5


お支払い

お気軽にお問い合せください!


 

無料出張見積り対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.



送る

LINE

メール

電話

TOP