家がゴミ屋敷になる人の心理とその理由 - 福岡エコサービス

家がゴミ屋敷になる人の心理とその理由

当然ですが、誰もがゴミに埋もれて暮らしたいとは思っていません。

家がゴミ屋敷化する原因は、若い人なら仕事や遊び、お付き合いなどに追われ、片付ける時間がとれず、そのうちにゴミに埋もれてしまったという人が、ほとんどのようです。

性格的には「そのうちに何とかしよう」と先延ばし癖がある人です。

シニアの場合、ものを大切にする癖のある人は、ゴミ屋敷化しやすくなります。

若い人は体力や気力もあるため、何かをきっかけにゴミを処分できますが、シニアになると体力も気力も衰えてきて、実行に移すことがなかなかできません。

中には精神疾患や認知症が原因で片付けられない場合もあります。

ゴミ屋敷に暮らす若い人の心理

若い人の場合は仕事や遊びに忙しかったり、仕事上のトラブルが続いて気持が落ち込み、

帰宅後は取りあえず寝る場所さえあればよいといった心理状態が、ゴミ屋敷を作ってしまいます。

しかし、ゴミ屋敷に暮らしていても不潔な人とは思われたくない気持はあり、一歩外へ出るとかなりのおしゃれさんだったりします。

会社などでは普通の人と変わりなく仕事ができる人がほとんどですが、今がよければそれでよいといった刹那的なところがあります。

必要なものがゴミの中に埋もれていてみつからなければ、また同じものを買ってしまいます。下着なども洗わずに新しいものを買う傾向にあります。

ADHD(注意欠損・多動性障害)やアスペルガー障害の場合も?

注意力が散漫になりやすく、出しっぱなしややりっぱなしにしがちなのがADHD(注意欠損・多動性障害)の特徴ですです。

アスペルガー障害は、物にこだわり、ゴミ同然のものも捨てずに大事にします。

このような様々な発達障害や精神疾患が原因で片付けられないことを、「片付けられない症候群」といいますが、病気と気づかずに片付けることができずに悩んでいる人もいるようです。

あまりにも片付けられない人は、専門の機関で相談する方法もあります。

ゴミ屋敷に住むシニアの心理

圧倒的に多いのが「もったいない」と何でもため込むクセが、年配者がゴミ屋敷生活におちいるきっかけです。

「いつかそのうちに、捨てよう」と思っているのですが、年々体力も気力も衰えてきます。

もの忘れも徐々に進み、いつも何かを探しては見つからず、同じものを再度買ってしまうことをくり返し、持ち物が増えていきます。

また、戦後の貧しい時代を経験している世代は、賞味期限が1年以上も過ぎたものまで取っておいたり、片方だけの靴下や古びた下着なども捨てられないようです。

 

高齢者がゴミをため込むのは認知症の可能性も

遠く離れた親元に帰省するたびにゴミ屋敷化しているようなら、認知症を疑ってみる必要があります。

認知症の症状は様々ですが、今までできていた家事の段取りが分からなくったり、ゴミを出す日が何曜日だったか忘れてしまったりすることがあります。

そのうち「ゴミを出さなければならない」といったことさえ忘れてしまいます。

それどころか、どう見てもゴミとしか思えないような物を拾ってくるようになると、かなり認知症が進行している可能性があります。

そうなると、まわりの人のホローが必要です。

年齢に関係なく、うつ病が引き金となってゴミ屋敷化することもあります。

ゴミ屋敷の中で暮らすことが、さらにうつ病を悪化させてしまいます。

部屋の汚さとうつ病の重さは比例すると言っても過言ではありません。

心の器が体で、体の器が部屋だとしたら、心の病を治すには受け皿の身体を磨き、そのまた受け皿の住居を清潔に保つことで、心の病も徐々に改善するはずです。

自分を責めないで業者に頼ろう

若い世代もシニア世代も、たとえ自分に「片づけられない症候群」や「認知症」「うつ病」などの症状があろうと、ゴミ屋敷の状態の中で住み続けると命を縮めることになります。

ゴミ屋敷には、カビやダニ、害虫や害虫の糞などが恐ろしいほど生息しています。

まずはSOSを発信する勇気を持ちましょう。

家事代行業者や便利屋さん、不用品回収業などプロの業者に依頼することで解決できます。

パソコンやスマホで検索すると多くの情報が得られます。

他にも家族や知人の力をかりて適切な業者を探してもらう方法もあります。

1日3分の行動で自分を変える方法・3分間砂時計の利用

家族や知人、プロの業者に頼んできれいに片づけてもらっても、もともと片付けるのが苦手な人は、1週間もすればまた物であふれてきます。

日々暮らしていく中で、掃除は欠かせないものです。

後でやろうと先送りしてしまうと、いつの間にかほこりだらけ、食べた後のパックや読みかけの雑誌が散乱し、再びアリ地獄のようにすさんだ生活におちいってしまいかねません。

3分間砂時計を使って3分で時間を管理する習慣を身につけましょう。

レトロな砂時計は電子音を発することなく、優しく片付けのサポートをしてくれます。

わずか3分間ですが、1日に3分だけ片付けることで、ゴミ屋敷になることはありません。

3分でできる片付けのリスト票を作ってみましょう

試しに3分間砂時計を使って3分でできそうな掃除や片付けなどをリストアップしてみましょう。

 

①毎日3分で家の中の不用品をチエックしてゴミ袋に入れる。

②ベッドやソファに脱ぎ散らかした衣類は、とりあえずハンガーにかけておく。

③机の引き出しをひとつだけ整理する。

④着て気分が乗らない服は捨てる。

⑤人からもらったものでも気に入らないものは処分する。

⑥文房具の量を減らす。

⑦財布の中を整理する。

⑧雑誌やダイレクトメールをまとめておく。

⑨キッチンの生ごみを集めてナイロンの袋に入れておく。

⑩洗面所やトイレを使い捨て雑巾でサッと拭く。

以上のようなことを3分砂時計を使ってゲーム感覚で掃除をおこなうと、今まで苦痛だった片付けが楽しくなってきます。

捨てることができるようになると、人生の大事な課題や問題も先送りせずに向き合うきっかけをつくることができます。

こんな人はゴミ屋敷化の住人になりやすい!

とにかく何でも自分で持っていたい。

コレクションすることが好き。

物に埋もれていると安心できる。

ブランド品だから捨てられない。

人に頂いたものだから捨てられない。

また使うかもしれないと思う。

思い出の品物だから捨てられない。

 

ゴミかどんどんたまってしまう人の多くが自分に自信がなかったり、幼い頃に苦労した経験があるようです。

せっかく手に入れたものは捨てたくないという心理がどこかにあり、物を持たず、限られた空間を有効に使うことができません。

ゴミの中で暮らすと人はどうなるか?

精神的な病が原因でゴミ屋敷化するのか、ゴミ屋敷化した中で暮らすから片付ける意欲が薄れるのかは微妙ですが、雑多なものに囲まれて暮らすと、脳は疲れるようです。

その疲れは、やる気をなくします。

キッチンがゴミの山だと食事もきちんと摂らなくなり、洗面所が不用品で埋まっていると歯磨きや入浴といった基本的なこともできなくなってしまいます。

そんな状態に慣れると、体も脳もうまく作動できなくなります。

散らかった部屋にいるだけで、気がつかないうちに脳をは疲れ体は栄養失調になってしまいます。

まとめ

ゴミ屋敷に住み続けることは、体にも心にも悪影響を及ぼします。

ゴミ屋敷化した家に住んでいる人の多くは、この状態から抜け出したいと思っています。

ひとりで悩まずに身近な人に助けを求めたり、不用品回収業者に依頼するなどして、一刻も早く片付けて、快適な暮らしを取り戻しましょう。

また、身内の人や近隣の人がゴミ屋敷に住んでいるようなら、手を差し伸べてあげましょう。

不用品回収・処分の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

step1


お問い合せ

step2


お見積り

step3


契約成立

step4


回収作業

step5


お支払い

お気軽にお問い合せください!


 

無料出張見積り対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

Copyright© 福岡エコサービス , 2022 All Rights Reserved.



送る

LINE

メール

電話

TOP