倉庫の片付け方の手順やコツ!処分に困ったら不用品回収業者が便利 - 福岡エコサービス

倉庫の片付け方の手順やコツ!処分に困ったら不用品回収業者が便利

倉庫の外観

家庭や会社の倉庫は、片付けたいと思ってもなかなか片付け方が分かりづらいものです。ものは増えるだけで整理や処分ができづらくなると何がどこにあるかも分かりにくくなり、使い勝手の悪いものとなってしまいます。

とりあえず保管してしまったものが積もり積もって、ものの在処がわからないとせっかくの倉庫が機能しません。

この記事を読んでもらうと、倉庫の片付け方が分かるようになります。できるだけ倉庫を上手に活用するためにも、片付け方の手順を理解して進めるのがコツです。

処分が難しい不用品は、業者に回収してもらう選択肢も視野に入れるのもおすすめです。

倉庫が片付かない理由

なぜ?理由

まず倉庫が片付かない理由から見ていきましょう。倉庫は、いくつかの原因があって、いつの間にかものが多くなり手がつけられなくなりやすい場所です。

とりあえず保管してしまうから

倉庫は、性質上以下のようなものを置くためにあります。

  • 今は不要でもいつか使うもの
  • 長年使わないものの捨てるのに困っているもの
  • 使う頻度は限られているもののないと困るもの
  • 家に置く必要がないもの

倉庫には、このようなものが次々と保管されていきます。1年に1回でも見直しをすればものを把握できるものの、保管だけを長年し続けることで全く何が入っているのかも分かりづらくなってしまうのです。

会社の倉庫は捨てる判断がつきにくいから

自宅の倉庫なら、家族で確認をすれば倉庫の整理もできるようになるでしょう。一方、会社の倉庫だと捨てる判断がつかないものが多く収納されているので、手をつけることができなくなります。

たとえば、年数の経過した書類、製品や材料などがあるものの、管理している部署も異なるため処分するわけにも行きません。

処分しづらいものを仕舞ってしまい先延ばしになるから

倉庫は、処分しづらいものを仕舞うことも多々あります。家電や家具など使わないのに、すぐには処分がしづらくとりあえず倉庫に入れているものが結構多いものです。

普段、倉庫には物を取りに来るから仕舞いに来るかだけなので、隠れて見えなくなった不用品は見過ごしてしまうでしょう。どんどん処分が先延ばしになってしまうことで、倉庫内は物が増える一方になります。

倉庫の片付け方の手順

手順 ステップ

倉庫の片付け方は、行き当たりばったりではできません。手順にそって計画的な進め方をするのが、得策です。

片付け方の手順をご紹介していきます。せっかく一念発起して倉庫の片付けを始めるなら、上手く進みやすくするためにも手順を理解しておきましょう。

片付ける日程と人手の都合をつける

倉庫の片付け方でまず確保しなければならないのは、時間と人手です。

  • 一般家庭 休みの日を合わせて片付ける
  • 会社   片付けの日を設ける

どちらも倉庫の規模にも寄りますが、人手の確保が重要です。人手があるだけでも、片付けの時間を短縮できます。

また、一般家庭なら軽トラックやワゴン車があれば、ゴミ処理施設への持ち込みも利用できます。持ち込みは、自治体によって申し込み方法が異なります。事前の申し込みが必要なところも多いので注意が必要です。

ゴミ袋やガムテープを準備しておくと何かと便利です。

倉庫のものをすべて出して片付ける

倉庫には把握できないほどのものが入っているでしょう。倉庫内で分別をしようとすると、収拾がつかなくなってしまいます。倉庫から出せるものに関しては、外に出して要不要を仕分けするのがおすすめです。

倉庫内で見るのと屋外で見るのは、ものに対する判断も変わって来ます。消耗品が見つかることもあり、ストックする量を調整できると無駄な買い物をせずに済むでしょう。

使用頻度によって仕分けをする

倉庫へ物を仕舞う時には、ジャンルごとで分けて行くでしょう。その時に、注意して欲しいのは、使用頻度によって置き場所を変える片付け方を実践することです。

  • 年に一度だけ
  • 月に一度だけ
  • 季節ごとに出し入れする
  • 週に一度だけ

使用頻度に応じて、取り出しやすい位置におくと出し入れも非常に楽です。倉庫がすぐに散らかるのも防げます。

書類はラベリングをする

会社では、古い書類を保管しているでしょう。この時、ファイルにはラベリングをする習慣をつけましょう。また、引き出し式のケースなら、そこにもラベルを貼ります。

書類を探す時、ファイルはどれも同じサイズで種類も似通ったものが多いので、見つけるのに時間がとてもかかってしまうものです。ラベリングをすれば、もの探しの時間短縮にも効果的です。

とりあえず、仕舞っておくと後で探す際に時間も手間もかかってしまうのを見越しておきましょう。

何年も使っていないものは処分をする

気がついたら何年もつかっていないものが、倉庫には結構あります。不要なものは、倉庫の片付けの機会に処分をしましょう。

「捨てるのはもったいない」「誰かが使うかも?」「高価なものだった」という思いが湧いてくるでしょう。しかし、そのまま保管し続ける方が無駄なスペースを占めるだけでもったいないものです。

  • 自治体の粗大ゴミ回収に出す
  • 買取業者を利用する
  • 人に譲る
  • 不用品回収業者に依頼する

主に4つの方法で不用品は処分ができます。

倉庫の片付け方は誰が見ても分かるようにするのがコツ

倉庫の整理 収納

倉庫の片付け方のコツは、誰が見ても分かるようにすることです。収納できていても、必要時に見つけにくいのであれば倉庫の機能が上手く使いこなせていない状態と言わざるを得ません。

倉庫を有効活用するためには、配置図やラベリングで誰もが分かるように整理をするのがコツです。

倉庫の片付け方に悩んだら不用品回収業者に依頼しよう

不用品回収のスタッフ

家庭の倉庫では、何十年も前のものが倉庫から出されることなく保管されているのも珍しくありません。処分をしたいと思っても、大型で動かしづらいものも結構あるでしょう。

倉庫の片付け方は分かって来たけれど、粗大ゴミの処分に悩んでいて先へ進めないこともあります。また、オフィスなら本来の業務に追われて処分する日程が組めないこともあるでしょう。

そのような時には、思い切って不用品回収業者に依頼してみるのが得策です。

  • トラック載せ放題の定額で処分できる
  • ゴミの分別も頼める
  • 倉庫の片付けを迅速に済ませてもらえる
  • 近所への配慮を行った上でプロのスタッフが丁寧に回収してくれる

不用品回収業者に依頼をしたいと思ったものの、九州でどこがおすすめなのか分からない時は、福岡エコサービス」へご相談ください。良質なサービスを格安プランで提供しております。

処分にお困りのものがあれば、どうぞお気軽にお問い合わせください。電話・メール・LINEで受け付けております。正式な見積もり後の追加料金はありません。安心してご依頼いただけます。

まとめ

倉庫の片付け方は、手順に従って行くと進めやすくなります。しかし、整理整頓だけで済むことはまずなく、処分すべきものが結構出て来るので処分方法も検討しておかなくてはなりません。

自治体の粗大ゴミ回収は格安ですが、手間や時間がかかって思うように進みません。そんな時にこそ、民間の不用品回収業者を活用することで処分を迅速に終えることもできます。

倉庫を有効活用するためにも、対応できない面があれば業者の力を借りてでも片付けるのが得策です。

不用品回収・処分の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

step1


お問い合せ

step2


お見積り

step3


契約成立

step4


回収作業

step5


お支払い

お気軽にお問い合せください!


 

無料出張見積り対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

Copyright© 福岡エコサービス , 2022 All Rights Reserved.



送る

LINE

メール

電話

TOP