オフィスの閉鎖・移転に伴う片付け!処分を手間なく迅速に済ませるには? - 福岡エコサービス

オフィスの閉鎖・移転に伴う片付け!処分を手間なく迅速に済ませるには?

「会社を閉鎖しなければならなくなった」「オフィスを利便性の良い物件へ移転したい」などの理由でオフィスの不用品を片付けを進める時、どんなものが対象となるでしょうか?オフィスでは、大型の家具を始め大事な機密情報の入っているパソコンなど、処分に慎重にならなければならないものもあります。事業者から出たゴミの扱いは、普通の一般家庭のゴミとして出すわけにいきません。

今回は、オフィスの片付けで対象となるものの処分・不用品回収業者に片付け処分を依頼する方法について説明していきます。

目次

  1. オフィス閉鎖や移転で迫られる片付け
    1. OA機器の処分
    2. オフィス家具の処分
    3. 文書や書類の処分
  2. オフィスの不用品を片付けを不用品回収業者に依頼するには?
    1. オフィスの片付けで出たゴミ処分の手順
    2. 事業主はマニフェストの交付が義務付けられている
    3. オフィス片付けの料金目安
  3. まとめ

オフィス閉鎖や移転で迫られる片付け

オフィスの閉鎖や移転では、様々なものの処分が必要です。特にオフィス閉鎖となれば、おおがかりな片付けとなり、計画性が求められるでしょう。片付けを進める前に、どのようなものが処分対象になるのかを想定しておきましょう。

OA機器の処分

オフィスに無くてはならないものといえば、パソコンやプリンターなどのOA機器です。これらも産業廃棄物処理業者へ依頼をする必要があります。特に、パソコンには基盤に貴重なレアメタルが使用されているので、資源を有効活用していかなくてはなりません。

また、パソコンには社内の機密情報や顧客情報が多く含まれているため、処分の前にデータの消去や管理には細心の注意が必要です。データの完全な破棄を自社で行うのが無難ですが、規模が大きいオフィスであればデータの廃棄から回収まで依頼できる専門業者を利用することもできます。

オフィス家具の処分

オフィスには、デスクやイスなどのオフィス家具が多く、これらも事業所から出ているため事業ゴミとして責任を持って処分をしなければなりません。金属が多く使われているのがオフィス家具の特徴でもあるため、金属くずとしてリサイクルされるようになります。

文書や書類の処分

文書や書類も大量にあるオフィスですが、これらも紙類だからといっても家庭ゴミとして処分はできません。このようなオフィス内文書や書類も「事業系一般廃棄物」として扱われるためです。家庭ゴミと一見同じ扱いが適用されそうな印象を受けますが、産業廃棄物処理業者や不用品回収業者などへ依頼する必要があります。

機密情報の漏えいを防ぐために、これらの書類や文書は焼却または溶解で処分されるため、安全に処分が完了します。

オフィスの不用品を片付けを不用品回収業者に依頼するには?

オフィスの片付けで出る不用品の処分を、不用品回収業者に依頼するとはどんな手順で行われるのでしょうか?一番効率が良く安心して処分を依頼するためにも、概要を知っておく必要があるでしょう。

オフィスの片付けで出たゴミ処分の手順

まず、オフィスの片付けを依頼するには、見積もりをしてもらうことから始めましょう。見積もりの際には、以下の点をまとめておくと業者が把握しやすくなるので、予めまとめておいてください。

  • 大まかな物の量
  • 片付けの希望日時
  • 作業内容
  • オフィスの立地条件

業者から、見積もりが届いたら確認しておくのは料金はもちろんのこと、作業内容や追加料金の有無です。問題なく納得が行けば正式に契約を交します。

作業当日に、袋詰めや梱包作業があると料金がその分発生するので、できる範囲で事前にオフィス内で対応できる作業は済ませておくと料金を抑えられるようになるので注意をしておいてください。

事業主はマニフェストの交付が義務付けられている

オフィス・商店・個人事業主などの片付けから出る不用品は、産業廃棄物の扱いです。これらの処分を業者へ依頼するには、正しく処理されていることを示す「マニフェスト産業廃棄物管理票」の交付が必要です。そのためにも、マニフェストの発行に適切に対応する業者を見つけなくてはならないわけです。

オフィス片付けの料金目安

オフィスの片付けは、一般家庭の不用品処分と異なるのは、不用品の量が圧倒的に多くなる点です。そのため発生する費用も高額になることが多いわけです。

一般的なオフィスの片付けで不用品を回収してもらう場合、1フロアなら150,000~200,000円が料金相場になります。料金は、物量や作業内容、オフィスの立地にも左右されて変動してくるのが普通です。

一例を紹介しますので、参考にしてみてください。

  • 25㎡のオフィス 2トントラック2台 2名4時間
  • 16㎡のオフィス 階段が狭く搬出が困難 3名1日
  • 40㎡のオフィス 書類・文書の重量物が多数 4名1日

オフィスの片付けで不用品処分を依頼すると、費用の算定は以下の2つがあります。

  • 個別の引取合計金額
  • トラック積み放題の定額プラン

一概に定額プランがお得というわけでもありません。個々の事例によって、どちらが格安になるかが変わって来ます。定額プランに見合うほどの不用品ではなかった場合でも、その分を値引きしてくれるわけでもないからです。

また、定額プランのトラック積み放題は、業者ごとに定義が異なるため依頼者の想定したイメージと業者の積載量のルールが一致しないこともあるため、見積もりの際に積載量の確認もしておくのが賢明です。

オフィスの不用品には、買取対象となるものもいろいろとあります。中古品を再販するニーズも高いため、できるだけ高値で買取を行う専門業者、また不用品回収業者の買取も利用できるので、処分費用を抑えるためにもぜひ検討してみましょう。

まとめ

経営の悪化によりオフィスの閉鎖を余儀なくされるケースは、計画的なオフィスの移転よりもさらに急いで行う必要に迫られるものでしょう。オフィスの片付けで出る不用品は、家庭ゴミとは比べ物にならないほどの大型のものが、出てくるものです。本来の業務を進めることや閉鎖でやらなければならないことも次から次へとあるものですので、不用品回収業者への依頼をすれば、迅速に手間をかけずに片付けを終えられるようになります。そのためにも、不用品回収業者への依頼は、サービスの品質が高い業者を絞り込むようにしましょう。

不用品回収・処分の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

step1


お問い合せ

step2


お見積り

step3


契約成立

step4


回収作業

step5


お支払い

お気軽にお問い合せください!


 

無料出張見積り対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

Copyright© 福岡エコサービス , 2022 All Rights Reserved.



送る

LINE

メール

電話

TOP