オフィスの原状回復の範囲や費用相場!見積もりで抑えておきたいポイント - 福岡エコサービス

オフィスの原状回復の範囲や費用相場!見積もりで抑えておきたいポイント

オフィスを移転する時や廃業する時などには、退去の際に原状回復の義務が借主に発生します。原状回復の範囲や費用は、借主にとって大きな負担となるだけにあらかじめ計画的に進めて行かなければなりません。「原状回復はどこまで?」「事務所の原状回復はどれくらいの費用がかかるのか?」などさまざまな疑問もあるでしょう。

今回の記事では、オフィスの原状回復の範囲や費用相場をお伝えします。また、原状回復工事の契約を交す前に、見積もりで抑えておくと役立つポイントもまとめています。オフィスの原状回復の施工は、千差万別なので細部まで責任をもって確かめた上で納得の行く業者を見つけてください。

オフィスの天井や照明

原状回復とは?

民法

原状回復は、賃貸を解約する時に借主が借りた状態に戻して貸主に返す義務のことです。原状回復は、民法で借主の義務と定められています。

そのため、原状回復をするかしないかの選択肢から選ぶのではなく、どこまで原状回復をするのかが問題となることが多いのです。

賃貸オフィスと賃貸住宅の原状回復の違い

指さしをする女性業者

同じ賃貸でもオフィスと一般住宅では、原状回復で対応すべき範囲が明らかに違います。

住宅の場合は、「通常の使用を超える損傷」についての原状回復義務です。これは、住宅に住んでいることで普通に起こり得る通常損や経年劣化によるものにたいしての費用は含まれません。これらを超える損耗や毀損が見つかった場合には、原状回復の費用が請求されるのです。

一方、オフィスの賃貸契約は、100%原状回復の義務が借主にあるのが普通です。きれいに使っていたので損耗はないとは言い切れず、現状回復を求められます。

賃貸オフィスで原状回復を要求される施工箇所

オフィスの壁を塗り替え

入居する時に、会議室が必要となれば間仕切り工事を行うこともあります。オフィス内でもキッチンを作るために給水工事をすることも少なくありません。その他、エントランスをオフィスの雰囲気に合うものに変更したケースもあるでしょう。

新しく設置したものは撤去をし、移動をしたものは元に戻し、使用したものは新しくしなければなりません。主に原状回復でしなければならない施工箇所は、以下の部分です。

  • テナント内のパーテーションの撤去
  • カーペットの貼り替え
  • 壁クロス(壁紙)の張替え、塗装
  • 天井ボードの回復、補修、交換
  • 配線も含む照明の撤去、回復、清掃、管球の交換
  • 床下配線の撤去
  • 配電盤の変更の回復
  • 窓、ブラインドの回復、清掃

たとえば、壁のクロスやタイルカーペット・照明の管球などで経年劣化であっても基本的には借主が負担してすべて新しくする必要があります。

オフィスの退去後、新しいオフィスの内装や入居にかかる費用に意識が行くものですが、原状回復にはこのようにさまざまな費用がかかるためオフィス移転の際にはトータルでの費用を把握しておかなくてはなりません。

原状回復の費用相場

電卓と現金

原状回復の費用がどれくらいかかるのかも気になるところでしょうが、間仕切りの内装工事などを行っていない場合には主に以下の内容で費用が発生します。

  • クロス張替
  • 床の張替
  • 天井塗装
  • 電球交換
  • 全体のクリーニング

小規模~中規模のオフィス

相場目安は坪当たり2.5~3万円なので、15坪のオフィスならおおむね45万円が原状回復の費用と考えておく必要があります。貸主が個人オーナーで小規模なビルの場合には、坪単価が2万円内で済むケースもあり得るでしょう。

大規模なオフィス

規模が大きいオフィスなら、坪当たり5~10万円が相場です。単純にオフィスの広さだけではなくビルのグレードによっても費用がかさむ傾向が高くなります。

原状回復の見積もりでチェックしておくポイント

ポイント

原状回復を依頼する場合に、見積もりをとりますがその際にチェックしておくポイントを抑えておくようにしましょう。見積もりに記載されている内訳のすべてが必ずしも必要ではないこともありえるからです。

部分補修で済む箇所の工事

壁の一部だけの修繕で済むと明らかに判断されるのに、壁全体の張替が見積もりに入っている場合には必要な理由を確かめましょう。不要であれば、それだけ費用を抑えることができるので重要なポイントになります。

クリーニングで済む場合

床や壁のクリーニングで明らかに対応できるのに、修繕作業が含まれている場合も同様です。

ワンランクアップの内容の場合

床や壁などを原状回復する場合に、以前の仕様よりもワンランクアップされた内容になっていることもあります。貸主が負担すべき原状回復は、これまで以上にランクを上げた材質や品質のものにする必要はありません。

上記のポイントを抑えて、見積もりは少なくとも2~3社から取るのがおすすめです。見積もり金額の開きがあるのが、何が影響しているのかも比較することで見つけやすくなります。不明な点があれば、詳しい説明をしてくれる業者の方が信頼しやすいといえるでしょう。

まとめ

原状回復の費用は、想定外の高額な見積もりになることもあり得ます。まずは、契約書の確認をしてどこまでがオフィスの借主の負担になるのかを明確にしておきましょう。不明な点があれば、早いうちに貸主との話し合いを持つのが賢明です。トラブルを避けるためにも、細部まで話し合っておくことは欠かせません。

不用品回収・処分の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

step1


お問い合せ

step2


お見積り

step3


契約成立

step4


回収作業

step5


お支払い

お気軽にお問い合せください!


 

無料出張見積り対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.



送る

LINE

メール

電話

TOP