もう困らない!汚れた布団の処分方法5選!買い替えをスムーズにしよう - 福岡エコサービス

もう困らない!汚れた布団の処分方法5選!買い替えをスムーズにしよう

布団は、かさばって場所を取るものだけに処分が面倒だとどうしても感じてしまうものですね。自宅用で使っているものでも来客用で準備しているものでも年数の経過とともに、汚れやへたりも出てきてしまいます。布団は、使用頻度や環境にも影響されますが寿命のあるものです。したがって、数年から長くても10年程度経過すると処分を考えなければならないわけです。買い替えをしたいと思っても、買った後の処分を考えると物が大きいだけに処分に抵抗を感じることからもう少し布団の購入を先延ばしすることもあるでしょう。

この記事では、汚れた布団の処分方法や出し方・料金を詳しくまとめています。手間をかけずに処分したい方、お金をできるだけかけずに処分したい方など希望の方法を見つけることが可能です。

布団と枕

布団の寿命を考慮しておこう

布団干し

布団の処分は見た目が汚れている時には捨てることに抵抗がそれほどないでしょうが、見た目がまだ美しいとなると捨てるのにもったいなさを感じる方もいるでしょう。

  • 掛け布団 5年
  • 敷布団 3年

布団の寿命は、概ね上記のように決まっています。掛け布団の場合、5年では買い替えしないと答える方も多いかもしれません。素材が羽毛なら、5年から10年程度は使えるので結果的に経済的ともいえます。

来客用の布団よりも、普段から使っている布団はだんだんと綿やポリエステル、羊毛の劣化も早く生じてしまいます。布団干しをしても一時的で何となく寝心地が悪くなってしまえば、そろそろ寿命を迎えているかもしれません。布団を洗ったり打ち直ししたりするサービスを利用すれば、さらに長く使えることもあります。しかし、よほど高級な布団でない限りは布団は消耗品なので、買い替えをした方がお得です。寿命を考慮した上で、処分を進めて行くようにしましょう。

汚れた布団を処分する方法

粗大ゴミと布団

布団の寿命が分かると、買い替える時期が来ていると判断しやすくなるものです。ここからは、汚れた布団の処分方法を説明していきます。

自治体の粗大ゴミ回収か燃えるゴミで出す

布団は、自治体のゴミ回収で出すことができます。自治体によって粗大ゴミや燃えないゴミでの出し方のルールが定められているので、ホームページやゴミカレンダーで確かめておきましょう。

粗大ゴミで出す

布団を粗大ゴミ回収で出す場合に自治体ごとでルールが異なるので、あらかじめ確かめておいてください。

  • 粗大ゴミシールの購入場所と料金
  • 収集場所
  • 粗大ゴミとして出すときのサイズ

粗大ゴミシールは数百円で済む自治体がほとんどです。汚れた布団をできるだけコンパクトに畳んでビニール紐などでかたく縛るようにしましょう。この時、自治体がサイズを指定しているところもあるので意識しておいてください。

燃えるゴミで出す

もし、処分したい布団が綿素材なら分解して燃えるゴミとして出せます。布団の表布を裁断して中の綿を取り出し、それぞれハサミで切っていくのが一般的です。ただ、綿が部厚いためスムーズにいかないこともあるので手で引き裂く方がやりやすい時もあります。要は、燃えるゴミに入れやすい大きさまでカットしていけば問題ありません。燃えるゴミとして出すと費用はかかりませんが、分解する手間と時間が必要です。外布を外して綿を扱う際には、そうとう埃や綿から出るくずもあるのでマスクをして作業をするようにしましょう。

肌布団程度ならゴミ袋1枚で入れられるのですが、一般的な掛け布団だと3~4枚は必要になります。敷布団になるとさらに固くかさばるので、分解後にゴミ袋に詰めるのも力もかなり必要です。

布団の買い替えで引き取ってもらう

ブランド布団や高級布団に購入する際に古い布団を回収するサービスがあるところがあります。リーズナブルな価格とは言えませんが、保証付きであり長持ちさせられる安心感を得たい方にはおすすめです。

また、大手通販会社だと布団を購入する際に古い布団を下取りや処分をしてくれるサービスもあるので活用してみましょう。買い替えすると布団の処分ができにくいので困るという方も買い求めやすくサポートしてくれるので便利です。 下取りは、汚れた布団や破れた布団でも受付してくれます。通販会社の指定している布団を注文を済ませ、古い布団をダンボール箱に入れておけば新しい布団の配送時に引き取ってくれるので手間もほとんどかかりません。

ネットの布団回収を利用する

ネットの布団回収サービスを提供しているところを利用すると以下のようなメリットがあります。

  • 布団の購入が条件ではない
  • 布団の種類に関係なく利用ができる
  • 専用袋を送ってくれるので自分で用意する必要がない

一例をあげると、全国一律1,000円で利用できて業者から専用袋が送られてくるので布団を詰めて配送業者に渡すだけととても簡単です。ただし、布団の配送料の負担があります。送料を加算しても、2,000円から4,000円で処分ができます。粗大ゴミの料金よりも確かに高くなりますが、曜日を気にせず専用袋に入れるだけなので手間がかからないため、多忙な方や手間をかけずに処分したい方に向いています。

引越し時に業者に回収してもらう

引越し業者の中には、引越し時に不用品を回収してくれるところもあります。不要なものまで費用をかけて新居へ持っていくよりも、引越し前に処分を済ませておくのが合理的です。引越し業者の不用品回収の対応は、一部の家電、ダンボール箱に何箱などの条件が定められています。布団の処分だけではなく、家電や家具などの処分をしたい時には活用してみましょう。

不用品回収業者に依頼する

手間をかけずに汚れた布団を即日でも処分してもらえるのは、不用品回収業者の強みです。経年による汚れではなく介護に伴う汚れやペットのいる家庭で汚れがある布団なら、できるだけ早く処分をしたいというケースもあるでしょう。汚れてもそのままの状態で引取に来てもらえるので、自分で分解したり運搬したりする負担は全くありません。布団の処分のお困りごとを曜日に関係なくいつでも解決してくれるのが、不用品回収業者です。それだけに、それ相当の費用がかかってしまうことは理解しておいてください。業者次第で費用が大きく異なるため、事前に見積もりを取るようにしましょう。

  • 相場 1枚500~2,000円

ただし、布団だけの依頼をした場合に基本料金(3,000~5,000円)がかかることもあるので見積り価格以上の追加料金が発生しないかどうかの確認をしておきましょう。

まとめ

布団の処分方法の中から自分でやりやすい方法を選んで進めて行くと、思いがけずスペースを確保できるようになるでしょう。確かに布団はかさばって重さもあるので、一念発起しないとならない面がありますが、すっきりと捨てられると無駄なスペースだったところを有効利用できるようになるメリットも得られるようになります。福岡エコサービスでは、汚れた布団類の回収ももちろん受付できます。手間をできるだけかけずに布団を捨てたい方は、どうぞお気軽にご相談ください。

不用品回収・処分の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

step1


お問い合せ

step2


お見積り

step3


契約成立

step4


回収作業

step5


お支払い

お気軽にお問い合せください!


 

無料出張見積り対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.



送る

LINE

メール

電話

TOP